第18回全国小学生タグラグビー大会 大会概要

全国大会名称 第18回全国小学生タグラグビー大会
目  的 全国各地の小学生が、ラグビーからコンタクトを除いたタグラグビーをプレーすることにより、ラグビースピリットを通じ、仲間と助け合うことを体験し、自ら考えて道を切り開くことを身につけ、スポーツの意義を実感することを目的とする。
主  催 (公財)日本ラグビーフットボール協会
主  管 関東ラグビーフットボール協会
関西ラグビーフットボール協会
九州ラグビーフットボール協会
各都道府県ラグビーフットボール協会
後  援 朝日新聞社
協  賛 サントリーホールディングス株式会社、株式会社シミズオクト、株式会社BLK JAPAN、SMBCグループ
競技規則 (公財)日本ラグビーフットボール協会、タグラグビー標準競技規則をもとにした大会規則とする。
出場資格 小学生4~6年生(日本の学期制による)1チーム・6~8人とする。

大会方式

・全国大会
期  間 2022年2月12日(予定)
会  場 アミノバイタルフィールド

・県予選・ブロック大会
期  間 2021年9月~2022年2月 予定
会  場 各主管団体で決定 ※体育館などの屋内施設での開催も可能とする。